Skip to content(本文へジャンプ)

企業そのものが取引対象となるM&Aでは、財務と法務双方の専門知識が要求されます。

企業買収や組織再編では、契約書、人事労務、簿外債務、偶発債務など、ありとあらゆる法的問題を検討しなければなりません。また、法律面のみならず、会計税務の観点からも多角的に検討を行い、スキーム選択や買収契約書によるリスクヘッジを実施する必要があります。

Law & Accounting teamでは、M&Aに際して発生する様々な問題に対し、法的観点のみならず、会計税務の観点からも総合的に対応いたします。また、デューデリジェンスに際しては、監査法人アヴァンティアとの協力関係のもと、財務デューデリジェンスと法務デューデリジェンスを一括して請け負う、一括デューデリジェンスというサービスを提供しています。

M&Aに関しては、これまで上場企業を含む多くの買収案件を手掛けているという実績が存在します。また、M&Aでは財務と法務の双方の専門知識が必要となるため、Law & Accounting teamがその専門知識を最大限発揮し、クライアントにクオリティの高いサービスを提供している分野となっています。

協力事務所(Law & Accounting teamの横張清威が同監査法人に所属しています。)

事務所名 監査法人アヴァンティア(英語表記:Avantia GP)
所在地 東京都千代田区三番町3番地8 泉館三番町6階
URL http://www.avantia.or.jp/